みたのブログ

旅行記を写真と文で紹介していきますの

実写ラピュタと話題の『友ヶ島』に行ってみた in和歌山

最近、廃墟がブームというのをどこかの誰かが言っていた

 

今回行ってみた友ヶ島の廃墟は、かのジブリの名作『天空の城ラピュタ』の建物と雰囲気が似てるというのだ

そして、ゲーム『SIREN 2』と『デスクリムゾン』の舞台のモデルになったそうな…

せっかくだから、俺はこの友ヶ島に行ってみるぜ!

 

f:id:miyocypher:20170601233921j:image

 


f:id:miyocypher:20170601234202j:image

今回行ったラピュタは空ではなく紀伊水道に浮かんでます

 

和歌山県の加太港から汽船が出ています

往復2000円なり

ちなみに片道切符もあります

友ヶ島はキャンプ場はあれど無人島、どうやって帰るんだ……?

 

f:id:miyocypher:20170601234440j:image

港で釣りをするおじさんに見送られて出港

 



f:id:miyocypher:20170601234614j:image

ゆらゆら揺られて20分くらいで到着

平日なので船内はご高齢の方ばかりで若い者は私含め3人くらい

船は立ちっぱなしだったんだけど、 波が高くてなかなかに怖い

 

今回の散策は3時間くらいなので島の西側だけまわります

1日かければ島全部まわれるのかな

西側が観光地、東側は秘境といった雰囲気だと思います

東側行ってないからわからんけどそんな感じ

 


f:id:miyocypher:20170601235031j:image 

f:id:miyocypher:20170601235050j:image

ここは無人島、舗装路などないのだ

 

 

友ヶ島は旧日本軍の要塞跡があり、それが良い雰囲気の廃墟となっている

 

 


f:id:miyocypher:20170601235620j:image

桟橋から10分ほど歩くと第2砲台跡に到着です

f:id:miyocypher:20170601235742j:image

 

なんとも綺麗な煉瓦作り

 

 


f:id:miyocypher:20170601235841j:image

敵の攻撃を受けた影響でボロボロ……というわけではなく、終戦後故意的に爆破したそうです

三匹の子豚に出てくる狼からの攻撃に耐える煉瓦作りもさすがに爆弾ではひとたまりもない

狼は爆弾を用意すべきだったのだ


f:id:miyocypher:20170601235906j:image

崩壊のおそれもあるので中には入れません

f:id:miyocypher:20170601235930j:image

崩壊しているのもまた趣がある

 

 

 

その後はヒーハーヒーハー息を切らして山を登って第1砲台跡と友ヶ島灯台へ


f:id:miyocypher:20170602000328j:image


f:id:miyocypher:20170602000258j:image

第1砲台も中には入れません

人が入らないから草に覆われて神秘的……

 


f:id:miyocypher:20170602000555j:image

友ヶ島灯台

日本で8番目に作られ、初点灯から145年経った今も現役のおじいちゃん灯台です

 

 

 
f:id:miyocypher:20170602001145j:image

灯台の麓にプライベートビーチ発見

潮が速いから泳いだら死ぬだろうね

 

 


f:id:miyocypher:20170602001316j:image

灯台からは山下り

なんか桟橋から離れれば離れるほど道が過酷になっていく

ちなみに友ヶ島にはリスがいて、この日も2匹見ることができました

ほかに孔雀もいるそうな

 

 


f:id:miyocypher:20170602001453j:image

広いところに出た

キャンプするひとはここでできるみたいですね

 

 

 


f:id:miyocypher:20170602001541j:image

再びフーヒーフーヒー息を切らしながら登山、メタボ候補生には辛い

雰囲気はラピュタというよりトトロ

木が避けていく!ってやつ

 

 


f:id:miyocypher:20170602001622j:image

灯台から30分ほど歩いて旧海軍聴音所跡に到着

なにする場所だったんでしょうか、たぶん「聴音」するところ

説明の看板とかなんもないからわからぬ

 

 


f:id:miyocypher:20170602002041j:image

中の壁には誤った青春の爪痕である落書きが多数

 


f:id:miyocypher:20170602002305j:image


f:id:miyocypher:20170602002328j:image

ここはみんなスルーしていく場所のようで人がいない

 

 

 

次は友ヶ島のメインと言われている第3砲台


f:id:miyocypher:20170604195126j:image

f:id:miyocypher:20170604195159j:image

きれいだねぇ

 

この第3砲台には物資を保管していた地下室があります

真っ暗でまじやべぇ

携帯の懐中電灯アプリで照らして進んでいたけど、携帯の電池がなくなっていたら帰ってこれずに屍人になっていただろう


f:id:miyocypher:20170604200147j:image

ストロボ撮影カシャッ

 

 

さらに先を進むと人通りが皆無に


f:id:miyocypher:20170604200538j:image


f:id:miyocypher:20170604200609j:image

時代に取り残された場所

 

 

さらにさらに進むとパンフレットでみた弾薬支庫跡にきました

穴は全部部屋でもちろんはいれます
f:id:miyocypher:20170604200647j:image
f:id:miyocypher:20170604200706j:image

f:id:miyocypher:20170604200724j:image

キャンプで1泊する人は肝試しに是非

私は死んでもやりません

なんたって『SIREN2』の舞台ですから

 

 

 

その後は砂利道を下って桟橋に戻ってきましたとさめでたしめでたし
f:id:miyocypher:20170604201254j:image

 

合計3時間島にいましたけど、じっくり休憩することはありませんでしたね

じっくり過ごすなら1日いてもいいかも、他の隣の島に行ったりね

友ヶ島に行く人はハイキングシューズ履いていきましょう、コンクリート歩くことはないです 

それと水分

桟橋に自販機がありましたけど、自販機はそこだけですんで持っていくのが無難ですな

 

 

僕が行ったラピュタは空を飛んでなかったし、ロボット兵もいませんでしたが、とても魅力的なところでした

これを機に廃墟に目覚める可能性が……?